エイジング通信

乾燥肌の原因

暑い夏が終わって季節は秋から冬へ。
そうなると空気が乾燥してくるので、お肌も乾燥してきます。
お肌は寒さや湿度の低下によってダメージを受けます。
冬になると肌が乾燥して、ひび割れやあかぎれが起きるのはそういったことが原因なのです。
乾燥肌がひどい時はどんなに保湿剤や化粧水をつけても効果がない時があります。
それは肌のバリア機能が壊れて水分を蓄えられなくなっていることが原因なので、いくら表面から水分を補給してもどんどん蒸発していってしまうのです。
こういった乾燥肌を治すには壊れてしまったバリア機能を修復するのが大切です。
特に冬場の乾燥肌に重宝するのがオールインワンゲル。
オールインワンゲルは保湿成分が充実しているので冬の乾燥肌には欠かせないアイテムです。

 

>>オールインワンゲル

 

現在は多種多様なオールインワンゲルが出ているので、自分の目的にあったものを選ぶようにしましょう。

 

サプリメントで乾燥肌対策

肌が乾燥している時は、体の潤いを保つために必要な栄養素を食事で補うことが大切です。
と言っても、生活が不規則な場合は食事での改善が難しく、サプリメントを飲んで栄養素を補っている人も多いようです。
サプリメントで肌の乾燥を改善するためには、有効な栄養素をしっかり把握しておく必要があります。
肌の乾燥に有効な栄養素としては、ビタミンや亜鉛、それにコラーゲンやセラミドなどがあります。
ビタミンは種類が豊富ですが、ビタミンAは視力低下の予防、ビタミンB群は代謝アップ、ビタミンCは免疫力アップなど、乾燥対策以外にもそれぞれ異なるメリットがあります。
ただ、体質によってはサプリメントが合わず不調を感じる可能性もあるため、飲む際は少しづつ試しながら飲むほうがいいと思います。